不労収入というのは定義が広い

不労収入というのは定義が物凄く広いです。実際には働いているような状態でもそう呼ばれることがあります。

不労収入というのは定義が広い

不労収入というのは定義が広い 不労所得は、収入を得るために労働する必要が無い所得のことを指すのですが、かなり定義が広く、そもそも労働に等しいことをしていることもあります。働かずとも得られる収入とか収入源という意味で用いられることが多いのですが、いまいち定義がはっきりとしていないのです。一般的な考えでは、利子や配当や賃料収入など、そして投資による収益を指す場合もあります。しかし、それらはリスクを負っているから得られるわけですし、色々と調べて実行している人もいます。ある種の労働に近いものであるといえます。そもそも日本の税制では、不労所得というものがないです。所得税法においては、利子所得、配当所得、不動産所得、一時所得、雑所得等に分類されることになります。これは、理由を問わず全ての収入から法が認める必要経費を差し引いた残りを所得として扱っているからであり、要するに所得は所得なのです。

最近ではインターネットを活用して不労収入が人気です。サイトを作り、広告を載せるのです。もちろん、広告だけでなく、自分で記事を書いたり、写真を載せたり、動画を作ったりして、人を呼び込んで、そこで広告に載せたものを買ってもらうのです。これも不労収入に属していますが、実際にはかなり労働しています。
Copyright (C)2015不労収入というのは定義が広い.All rights reserved.